ややリア充と友達になり青春トークを聞きまくった話

中学1年の5月でホモ疑惑をくらい青春が終了してしまった私

自分の恋愛は完全に諦めたわけですが、せめて一般的な青春はどんなものか知るだけでも知りたいと思い、リア充と仲良くしてみることにしました。

 

小学校時代の友人と仲良くした

リア充と仲良くなる、と言っても、いけてないグループに所属しホモ疑惑まである私と新規に仲良くしてくれる人は女子はもちろんのこと、男子でもそうそういません。

そこで目をつけたのは、小学校のときに仲が良かった人です。私は小学校時代はまあまあ友達もいたので、そのときの繋がりを復活させようとしたわけです。

中学でテニス部に入り、そこそこ女子とも喋っている「まさに青春を謳歌している」友人に久しぶりに話しかけてみました。

リア充は基本的に性格が良い人が多いので、

「お~、最近喋ってなかったね。最近何してるの^^?」

と、ものすごく爽やかな感じで分け隔てなく接してくれました。うん、これはモテて当然だよね。

 

リア充から一般教養(中学生の青春)を仕入れる

私は自分の青春は諦めていたため、リア充から中学生活の楽しさを色々と聞かせてもらうことにしました。

彼は本当に性格がよく、ホモ疑惑のある私にも気軽に休み時間に話しかけてくれました。

  • 音楽のこと
  • ファッションのこと
  • スポーツのこと

なんや色々聞きましたが、いかんせんイケテないグループ所属の私からすると、いずれも実行は難しく、大部分はもう忘れてしまいました。

音楽はよく分からないし、服は母親が勝手に買ってくるし、軟弱なのでスポーツなんかできるわけもないしで、なかなか現実味のない話題でした。

それでも、普通の中学生がどんなことに興味を持ち、嗜んでいるかが分かり参考にはなりました。

ただ、唯一興味を持ち参考になったのは、「性」に関する知識でした。

私はその手の事に全く疎く、子どもがどうしたらできるのか中学3年まで知らなかった、というとんでもない奴でした。

彼とそういった話をしだしたのは大分後の話ですが、その時になって色々と開眼することとなりました。その話はまた別の機会にしたいと思います。

私が現在使っているおすすめのサイト 詳細レビューはバナーをクリック ブライダルネットペアーズ

コメントを残す