中学校3年生の運動会で微妙に活躍して人生が変わり始めた話

755

今回は私のモテなかった中学生時代の話の続きです。

原因不明の過敏性腸症候群(IBS)に悩まされ、新聞配達屋よりも早く起きてランニングをするという生活をおくった私ですが、その過程で大きなパラダイムシフトを迎えることになりました。

私は得意な運動分野がなく体育は苦手な人でした。

ただ、唯一人並みにできた運動が「走る」ことでした。これが、一連のランニング生活の中で開花し、その後の人生に大きな転換をもたらすことになりました。

 

運動会の種目決めで初めて手を挙げた話

私は運動音痴だったので、小学校~中学校2年までの間は運動会はかなり嫌いでした。

そもそもヘタレだったので1日中グラウンドに出ているということが死ぬほど辛く、年1回の地獄のイベントでした。

昔、「中学の時イケてないグループに所属していた芸人」の博多華丸・大吉さんのエピソードのように、気配を消してなるべく皆の邪魔にならないようにふるまっていました。

 

ただ、中学3年生の運動会だけは違いました。

ランニング生活を続けていた私は、足がそこそこ速くなっていたのです。

私は元々細見だったので、練習をして走り慣れてしまえば割と軽快に走ることができたようです。

また、意外と太ももの筋肉があったので(足だけ太っていた、という表現の方が適切かも知れませんが)、短距離の適性があったようです。

 

白羽の矢が立ったのは、運動会のチーム決めの時でした。

その時、私が通っていた学校にはスウェーデンリレーという種目がありましたが、そのアンカーが決まらず揉めていました。

 

スウェーデンリレーとは、第1走から順に100m-200m-300m-400m、計1000mを4人で走り、このタイムを競う種目であり、名前は発祥の地から取られています。

中学校だとさすがに、この距離を走るのは大変なので、距離は半分になっており50m-100m-150m-200mとなっていました。また、なぜか男女混合リレーであり、女子-男子-女子-男子、の順番となっていました。

 

アンカーの200mは距離が長いこともあり誰もやりたがらず、

「誰か立候補いないの?」

と先生もイライラし始めていました。

そこで、私は生まれて初めて自主的に手を挙げました。

「僕がやります…」

自主的に手を挙げた、といってもかなり弱弱しい感じでした。ドラえもんテレビ版ののび太君が発言するみたいな感じです(映画版ののび太君はけっこうかっこ良いですよね)。

 

皆の視線が一気に私に向きましたが、

「お前、何言ってんの( ゜Д゜)?」

といった、しらけた感じの眼差しでした。

ただ、この種目は運動会でそれほど花形ではなく(最も盛り上がるのは最後に行われる400mリレー)、正直もう誰でも良かったので、あっと言う間に私に決まってしまいました。

「運動会の1種目への出場が決まった」というだけの話ですが、この事が私の高校での3年間を大きく変えることになりました。

 

かなり頑張って個人練習をした話

割当が決まってからは本当に毎日練習をしました。

と言っても、私の優先度はあくまでも、

屁を止める >>>> 運動会での活躍

だったので、あくまでも早起きしてトイレをもよおすために走っていた日課の延長でやっていました。

それまでよりも早く起きるようにし、走る量を増やした感じです。

起きる時間はどんどん早くなるのですが、寝る時間はそれほど早まらなかったので(ゲームをしていたので)、当然副作用が生じます。

授業中の居眠りが激増しました

こうして走力はついたのですが、先生からの好感度成績はエグるように下がっていきました。

ただ、成績は思ったほど下がらず、中学3年生にもなるとあきらかに勉強が難しくなり、あまり勉強しない人達の成績が勝手に落ちていきました。

(私の時代は勉強する人としない人の差がかなり大きかったです。不良なんて普通にたくさんいましたしね)

結果、中学3年生の夏頃で320人中70位くらいにつけるようになりました。

…まあ、自慢できる順位でもなく本当に普通です

 

運動会で微妙に活躍できた話

ついに運動会がやってきました。

早朝に一人悲しく練習した結果、200m程度ならバテることなく走れるようになりました。

練習した結果、私は足の速さは人よりやや速いくらいになっていました。

相手チームの出場選手も、主力は花形の400mリレーに出ているため、中堅~運動やや苦手組がエントリーされていました。

アンカーでバトンを貰った際に、それほど距離が開いていなければ相手がバテたところを追い抜いて普通に1位を取れるのではないか、という感じです。

 

そして、いよいよ競技が開始です。

「私のところまでそれほど差がなくバトンが来ればきっと1位」

というシミュレーションの下、わくわくして待っていました。

1走目の女子は他チームとほぼ同じ感じで次の男子にバトンを渡してくれました。

次の男子も良い感じで走ってくれ、3走目の女子の場所まで迫っています。

他チームもほぼ同着で、入り乱れていました。

 

さて、ここで3走目の女子に渡ってそこそこの順位で私までくるはず!!

…と思ってみていたのですが、3走目の女子にバトンを渡すくらいからうちのチームの順位がガンと落ちました。

といいますか最下位です。

なんでだろう?

と思ってみてみると、どうやら2走目の男子が混戦の中でバトンを落としたようで、しかも他チームに偶然バトンを蹴飛ばされてしまい見失ったようです。

 

…え、まじですか

 

ということで見事に最下位で、ベベ2のチームからもかなり開いてバトンが私に回ってきました。

 

若干凹みましたが、せっかく練習したのでただ走るのみです!

 

もうこれでもかというくらい全力で走りました。

 

相手の背中はかなり遠いですが、必至に走りました。

「がんばれ~」

という声がどこからか聞こえてきます。

…私は人に応援されたのはこれが人生で初でした!

こんなに勇気が貰えるものなのか!

と言葉では表せない感情がこみ上げてきました。

そして、もう無理と分かっていても諦めずにゴールを目指しました。

 

…その結果、ゴール手前10mくらいで、既にバテ果てていた2人を抜き、6チーム中4位になることができました。

 

運動会で得た収穫

試合としての結果は全然よくなかったのですが、私はこれまで感じたことのない満足感を得ていました。

この200mを走ったことで「頑張ることの楽しさ・喜び」を知ることができました。

そして、この経験が後々高校での私の歩みを大きく変えることになります。

私が現在使っているおすすめのサイト 詳細レビューはバナーをクリック ブライダルネットペアーズ

コメントを残す