ブライダルネットの使い方 あいさつでコミュニケーションを開始

ブライダルネットにも慣れてきたので、そろそろ「あいさつ」をして女性にアプローチをしてみることにしました。

ブライダルネットはいきなり女性にメッセージを送る事はできず、まずは「あいさつ」というボタンを押して相手に興味があることを伝え、それに「あいさつ」を仕返してくれた場合のみ会話ができるようになります。

 

「あいさつ」機能により承認した相手とのみ会話ができる

ブライダルネットでは、誰にでもメッセージが送れるような仕組みにはなっていません。

最初に、「あいさつ」というボタンを押して相手に興味があることを伝え、それに「あいさつ」を仕返してくれた場合のみ会話ができるようになります。

このような仕掛けになっている理由ですが、

  • 興味のない相手から無作為にメッセージを受け取らない
  • サイト内で不快な思いさせない

といった配慮から設定されています。

例えば、軽い出会い系サイトではいきなり異性にメッセージを送る事ができます。

このほうが便利そうに思いますが、興味のない相手に1通目から馴れ馴れしいメッセージを送られたり、不適切な文面を受け取って不快な思いをすることがあります。

ブライダルネットでは、先にあいさつの受け取りだけを行い、受け取った相手は相手のプロフィールを見て信頼がおける、と思った場合のみあいさつを返し以後のやり取りができるため、上記のようなトラブルが大幅に低減されます。

 

プロフィールを書いていれば男性でも「あいさつ」が大量に貰える

出会い系サイトサイトなどでは、女性はアプローチをやたら受けますが、男性はあまり受けれない傾向があります。

恋愛・結婚市場は女性が優位にあるため、女性は黙っていても男性が寄ってきますが、男性は自分から積極的に動かなければまずチャンスは巡ってきません。

ただ、婚活サイトであるブライダルネットは違いました

婚活サイトでは、女性も積極的に相手を探しているので、プロフィールを書いて放っておくだけで男性側もそれなりのアプローチを受けれます。

私は登録して5日経ちましたが、プロフィールを書いて放っておいただけで、15件もあいさつがきました。

214

大阪でこれくらいですので、人口が集中している関東の方などはもっとあいさつが貰えると思います

男性でこの状況ですので、女性側はもっとあいさつが貰えると推察されます。

男女共に、出会いを求めるならブライダルネットはかなり有効です。

 

とりあえず私もあいさつを開始

あいさつも沢山貰えたので、そろそろ私のほうからもあいさつをしてみることにしました。

全部にあいさつを返していると捌けなくなりそうなので、現在は相手を見極めています。

また、あいさつを貰っていない相手にも送ってみる事で、私に興味を持ってくれそうな人を探す事も始めました。

214_2

プロフィール検索しているうちにかなり良さそうな人を見つけたので、2名ほどあいさつを送ってみました。

片方の人は1週間以上ログインしていないので、もしかすると利用停止しているかも知れませんね。

ここまではかなり順調にきていると思いますので、何とかうまく良い人にめぐり合いたいところです。

コメントを残す