Pairs(ペアーズ)の利用者層 10代から50代まで幅広い

822

Pairs(ペアーズ)を使い出してしばらく経ちます。Pairs(ペアーズ)は課金しなくてもある程度遊べるので、今のところは無料会員でサイトの雰囲気を掴んでいっています。

Pairs(ペアーズ)の利用者層はかなり幅広く、下は19歳から上は50歳とかなり開きがあります。

 

10代が登録しているという驚きのPairs(ペアーズ)

これまで婚活サイトを使ってきた経験では、10代が登録していることはありませんでした。

そもそも10代で婚活はしないのが普通なのでいなくて当然と言えば当然なのでしょう。

 

ただ、Pairs(ペアーズ)の場合は、

婚活

という面だけでなく、

恋活

という側面もあります。恋活の場合は、10代で使うのも分からない話ではありませんね。

なお、Pairs(ペアーズ)は女性が無料ということもあって、若い利用者も伸びているのでしょう。

 

女性が無料といえば、出会い系サイトがほぼそうですが、出会い系サイトはアダルト的な要素が強くなりすぎたりして、健全な出会いとはほど遠くなっています。

一方のPairs(ペアーズ)は、Facebookと連携させることでハメを外した行動をとりにくくしています。

健全なサイト運営をしつつ、若い女性もどんどん引き込む。かなりうまいこと考えたなぁ~と感じました。

 

平均年齢は若く 多いのは25歳前後

パっとみた印象ですが、Pairs(ペアーズ)の利用者平均は25歳前後が多そうです。

Facebookを使っていて異性との付き合いを求める年齢といえばこれくらいだと思うので、妥当でしょう。

他の婚活サイトと比べると明らかに利用者層が若いですね。

イメージですが、恐らくは、

「すぐに結婚したい!」

というよりは、

「友達/彼氏/彼女が欲しい!」

という人が多いのではないでしょうか。

プロフィールの紹介文を見てみても、

  • 友達に勧められて何となく登録してみました
  • 面白そうだから始めてみました
  • 半信半疑ですが始めてみました

というような軽い意見が多いように見えます。「是が非でも結婚したい!」というような方は少なめだと思います。

全体的に婚活サイトのようながっついた感じや必死感も伝わってこず、気軽に使うのにちょうど良さそうです。

 

…とはいえ、中にはやはり30~40代くらいで結婚を意識している人も多く登録しています。

そして、そういった層は頻繁にアプローチをし合っているように見えます。

この話は次回の記事で詳しく考察してみようと思います。

コメントを残す